商品写真撮影のいろは(2)―カメラ・画像処理編―

 カタログやネットショップで使用する商品写真は、商品の魅力を消費者に伝えるためにはとても重要なポイントです。今回の技術解説では、商品写真を撮影するための基本的なテクニックと機材等について解説します。

1.カメラの選択と設定

 商品写真の撮影には、一眼レフカメラやミラーレス一眼等の高機能なカメラが、各種の設定に柔軟に対応できるので理想的です。

■レンズの焦点距離と絞り

 商品写真で自然な遠近感を演出するには、中望遠(35mm換算で70〜100mm程度)のレンズで撮影するのがおすすめです。カメラのセンサーがフルサイズの場合は70〜100mm、APS-Cサイズの場合では50〜70mm程度の焦点距離になります。

 商品の全体像の撮影では、絞りを大きく絞り込んで被写界深度を深くして撮影します。動かない被写体なので、シャッタースピードは遅くても問題なく、三脚とレリーズを使用して撮影します。商品の一部をクローズアップしたり、利用シーンのイメージ写真等を撮影するときは、絞りを開けてボケ味を活かすと効果的です(図1)。

図1 商品の全体像とイメージ写真の例

商品の全体写真
ボケを活かして商品の一部をクローズアップしたイメージ写真

■露出とホワイトバランス(WB)

 スナップ写真の撮影では、露出(絞り値とシャッタースピード)やWBはオートの設定で困ることはほとんどありません。しかし、正確な色の再現が求められる商品写真の撮影では、商品の色の影響を受けて露出やWBの自動調整がずれるのを避けるためにマニュアルで撮影します(図2)。

図2 露出とホワイトバランスがオート撮影で不適切になった例

マニュアル設定で適正な露出とWBで撮影した画像
同じ被写体を露出・WBをオートで撮影した画像
白い被写体は光が強すぎると勘違いして暗く写ります(露出アンダー)。
黒い被写体は光が弱いと勘違いし、露出オーバーになります。
青い被写体は光が晴天の太陽光だと勘違いし、WBがずれて少し緑色がかりました。
赤い被写体は光が電球色だと勘違いし、WBがずれて青みがかるとともに、露出もオーバーしています。
図3 18%標準グレー反射板

 露出やWBをマニュアル設定するためには、「18%標準グレー板」があると便利です(図3)。照明等のセッティングが完了したら、標準板が画面中央を占めるように撮影台に置き、絞りとシャッタースピードをカメラの露出計で最適値になるように合わせます。その後、そのまま標準板を撮影し、マニュアルWBの調整用画像に指定します。

■撮影品質の設定

 カメラの撮影品質の設定では、出来るだけ高解像度の設定を選択します。RAWモードが選べる機種ならそれを選びます。RAWモードであれば、露出やホワイトバランスが不適切な撮影条件であっても、必要な階調を保ったまま調整できる可能性が高くなります。

表1 カメラの設定まとめ

焦点距離 70〜100mm(35mm換算)
露出 マニュアル
しぼり F10以上(全体にピントの合った写真)
F3以下(ボケを活かしたイメージ写真)
WB マニュアル
撮影品質 RAW

画像の調整と加工

ファイル形式

 写真データを保存する画像ファイルの形式にはJPEG、GIF、PING、TIFF、BMPなど様々な種類がありますが、無劣化と劣化の2つのグループに分けられます。(表2)。

表2 ファイル形式

グループ ファイル形式
無劣化 PNG、TIFF、BMP
劣化 JPEG、GIF

 劣化グループのファイル形式では、ファイルサイズをより小さくするために画像のピクセルや色情報を間引いて保存するため、保存するたびに画像の品質が劣化します。特にJPEGを高圧縮率で保存すると色の境界にブロックノイズが発生しているのが見て取れるほどです。このため、写真の保存用ファイルや加工途中の一時保存には、JPEGではなくPNG等の無劣化のファイル形式を選択します。そして、調整や加工が完了した後、最後にJPEGへ書き出すようにすることで、劣化を最小限におさえることができます。

画像の加工

 写真データの調整や加工を行うソフトウェアは「Adobe Photoshop」が高機能で定番ですが、フリーソフトウェアの「Gimp」でも基本的な加工は可能です。以下ではPhotoshopのメニューを例に説明します。

RAW現像

 RAWで撮影した写真データの画質を調整して読み込んだり、PNG等の一般的な画像ファイルへ変換することを「現像」と呼びます。明るさ、コントラスト、WB等の基本的な画質調整は、この現像時に行うようにすると、階調飛びが最小限に抑えられます。

水平・歪み補正とトリミング

 被写体が傾いていたり歪みが気になる場合は、「自由変形」や「レンズ補正フィルター」等で修正し、トリミングします。微妙に傾いている写真はクオリティが低く感じられますので、必ず修正するようにします。

ゴミ取り

 ほこりやゴミが商品に付着していたような場合は除去します。「スポット修復ブラシツール」を使うとワンクリックで簡単に修正できます。図4のようなホコリの除去は10分程度の作業時間で可能です。

図4 ゴミ取り(ほこりの除去)の作業例

修正作業前
修正作業後

シャープネス・画像サイズ(解像度)の調整

 調整・加工が完了したら、最大サイズのまま無劣化のファイル形式で保存用のファイルとして保存します。そして、用途に応じた解像度に縮小、「アンシャープマスク」でシャープネスの調整後、JPEG等へ書き出して使用ファイルとします。

 以上、商品写真撮影の基本について、カメラの設定と画像調整・加工について解説しました。

問い合わせ

繊維・高分子担当(長浜庁舎)
TEL 0749-62-1492