受付終了平成27年度デザイン力を活用した木製商品開発事業の開発テーマ募集のお知らせ

木のぬくもりや優しさ等、木の良さを体感できる様々な木製商品の開発テーマを募集し、県内のデザイン系大学のデザイン力を活用して商品化を支援します。
■募集期間/平成27年(2015年)5月11日(月)〜6月12日(金)

募集要領

1. 目的

 県土のおよそ二分の一を占める滋賀の森林は、琵琶湖の水を育み、自然災害から生命や財産を守るなど、私たちの暮らしと切り離すことができない貴重な財産です。

 しかし、木材価格の低迷など社会環境の大きな変化により、手入れが行き届かない森林が増加し、このまま放置すれば、森林の持つ水源かん養などの公益的機能が損なわれ、私たちの暮らしに深刻な影響をおよぼすことが懸念されています。

 そこで、木のぬくもりや優しさ等、木の良さを体感できる様々な木製商品の開発テーマを募集し、県内のデザイン系大学のデザイン力を活用して商品化を支援することで、間伐材等の利用促進や美しい森林づくりへの貢献を図ります。

2. 内容

 県内企業等から間伐材等を活用した木製品の開発テーマを募集します。そのなかから2テーマを採択し、県内デザイン系大学(滋賀県立大学、成安造形大学)との産学官連携チームを構築し、商品開発を行います。

スケジュール

5〜6月 テーマ募集
6月 採択テーマ審査
7〜2月 商品開発
3月 成果発表

3. 対象となる開発テーマ

 間伐材等の県産材を活用する木製品の開発テーマであり、デザイン力の活用で付加価値を高められるものであり、その成果が新たな事業化および間伐材等の利用促進につながるものであること。

4. 応募対象者

 滋賀県内に事務所等を有する法人または団体

5. 支援の内容

  • 応募者と県内デザイン系大学(滋賀県立大学、成安造形大学)および滋賀県東北部工業技術センターデザイン担当職員による産学官連携チームを構築し、採択したテーマの商品開発に取り組みます。
  • 試作にかかる間伐材等の材料を予算の範囲内で提供します。
  • 得られた成果・試作品の発表・公表による周知を行います。

※開発した商品を販売する場合には、別途ライセンス料等の契約が必要になります。

6. 募集期間

 平成27年(2015年)5月11日(月)〜6月12日(金)

7. 応募方法

 別紙の応募用紙に必要事項を記入の上、下記まで電子メールまたは郵送で提出してください。

8. 申込み先・問合せ先

 滋賀県東北部工業技術センター「デザイン力を活用した木製商品開発事業」係(担当:野上)

〒526-0024 長浜市三ツ矢元町27-39
TEL 0749-62-1492
E-Mail : neirc@shiga-irc.go.jp