終了機器利用講習会(ガスクロマトグラフ質量分析装置)の開催について

■日時/平成28年10月13日(木)13:30~17:00 
■場所/滋賀県東北部工業技術センター 長浜庁舎

 ガスクロマトグラフ質量分析装置(GC/MS)は、有機化合物の純度・構造確認など、研究開発、品質管理には欠かすことができない装置であり、医薬・農薬・香料合成分野においては頻繁に用いられています。 また、ヘッドスペース装置、熱分解装置など前処理装置を用いることで、揮発性有機化合物(VOC)、樹脂の成分および異物の分析など、幅広い用途に利用可能なため、GC/MSは多岐にわたる業種に利用されています。近年は、RoHS規制対象物質に追加されるフタル酸エステルの分析や、医薬、フィルム中の残留溶剤の測定にも用いられます。

 本セミナーでは、GC/MSの基礎的な原理から測定の応用例までメーカーの担当者に解説いただきます。また、実際に装置を用いた分析により、装置の取扱いの概要について学んでいただきます。

■日時

平成28年10月13日(木) 13:30〜17:00 

■場所

滋賀県東北部工業技術センター 長浜庁舎

■内容

  1. 座学(13:30~15:30)
    装置の原理・概要、分析手法の説明、最新の分析事例を紹介します。
  2. 実習(15:45~17:00)【受付終了】(定員に達したため実習の受付を終了しました。)
    実際に装置を用いて分析を行います。

■定員

30名(実習は10名【先着順】) 
実習は定員に達したため、受付を終了しました。座学は受付しています。

■参加申し込み(参加費無料)

下記参加申込みフォームもしくはチラにてお申込みください。定員に達し次第受付を終了します。

■お問い合わせ先 

滋賀県東北部工業技術センター 長浜庁舎 担当: 上田中
TEL 0749-62-1492 FAX 0749-62-1450

参加申込みフォーム

*の欄は必ずご記入ください。

 座学(13:30~15:30)