小型複雑形状品の 高精度プレス技術 <H19~21年度戦略的基盤技術高度化支援事業>

 3次元複雑形状部品を切削加工レスにて、ものづくり分野(自動車産業等)に応用できる高精度に創製する新しい連続プレス加工法(プレス一貫ライン)を開発しました。
複雑形状部品
有限要素法による鍛造解析
連携体制

開発内容

 従来、切削、プレス等の多加工を要し、生産性の悪かった機械部品の加工方法を、有限要素法解析(FEM)を活用することで改善し、厚板から切削加工レスの新規高精度プレス加工法を開発しました。さらに、金型工具の耐久性向上、プレス一貫ラインによる高生産性の実現、低コスト化、短納期化、品質管理の強化を達成しました。 

波及効果

  • 高精度なプレス加工(品質向上)
  • 低コスト(コスト対策)
  • 短納期(即応型企業の構築)
  • 省エネ加工(エネルギー対策)
  • プレス技術を軸とした提案型企業の創出

共同開発メンバー

  • 高橋金属株式会社
  • 機械・金属材料担当