植物工場システムによる 機能性野菜・サプリメントの開発 <産学官共同研究>

 栽培環境を高度に制御可能な植物工場システムを開発しました。 ピニトールやα-リノレン酸などを豊富に含む野菜が生産できます。 また、栽培した野菜粉末からサプリメントを商品化しました。
アイスプラント「ツブリナ」とグラシトール
プルピエ「ロザリナ」とアレルバリア

植物工場システム

 植物が健全に早く育つ「好適環境」、植物がもともと含有する機能性成分を高める「ストレス負荷環境」を高度に制御し、生育を促進しながら、機能性成分を大幅に高める植物工場システムを開発しました。

野菜およびサプリメント

 栽培した野菜アイスプラント「ツブリナ」には、血糖値調整や不妊治療に効果がみられる「ピニトール」が、またプルピエ「ロザリナ」には、花粉症などのアレルギーを緩和するα-リノレン酸が豊富に含まれます。

 これらの野菜粉末から栄養補助食品「グラシトール」、「アレルバリア」を製品化いたしました。グラシトールはモンドセレクションにて2013、2014年連続金賞を受賞しています。

共同開発メンバー

  • ツジコー株式会社
  • 日本アドバンストアグリ株式会社
  • 長浜バイオ大学
  • 環境調和技術担当